現役美容師が毛髪・ヘアケアの悩みを解決します

毛髪部

コラム

美容室専売品がネット等に出回る理由

投稿日:

美容室専売品なのにAmazonや楽天に?
何故?

そのカラクリはとても切なく悲しい美容業界の現状につながる。
この記事を見てもあなたはまだ、美容室ではなく、通販や量販店から買うだろうか?

<http://binerva.com/2019/02/06/【驚愕%EF%BC%81】ミルボンの美容室専売商品を転売で美/
今年2月にうんこ美容師がやらかした。↑
美容院専売品を卸値で買い、定価の売値で300万円以上の利益を出した。
阿保だがこいつの気持ちが1%もわからない!

と経営者のダリは言い切れない。
近年美容室の店販商品の売り上げは下がり続けている。
インターネットビジネスがまだそれほど日本に定着していないカリスマ美容ブーム終盤のダリが美容室で働き始めた約、20年前
シャンプーしかできないダリの1ヶ月の店販売り上げ目標設定は30万円だった。美容師歴1ヶ月目から達成していた。
今、美容師歴20年以上で月の指名客はそのへんの美容師よりはかなり忙しくさせてもらっているダリで、店販売り上げは15万円前後だ。
と、ゆーか推してなくてこの売り上げだ。
何故推さないか。
例えば仕上げにワックス使ってセットして、そのワックスいーですねー!
買います!
じゃない
失礼な事にその場で、密林さん、楽ヘブンさんでググり少しでも安く買う客がはびこっている。
他の記事にも何度も書いたが、金の価値感は人それぞれだ。
だから、ダリはそゆ奴にはなんも言わない。
すなわち、年配客か、ネットとかよくわからないし、ダリさんが使ってるなら
て、買ってくれるファンにのみ商品説明をし、↑のような客には商品の説明すらしない。
うちより、ちょっとでも安く買えるなら良いんじゃね?

美容業界では、「この時代に店販商品を月100万円売った方法」とかの教材が売られている。
まず、同業者に言いたい。
そんな時代は終わった。
卑屈になってるわけでもめんどくさがってるわけでもない。
通販価格よりも安くするならまだしも美容室に限らず物を実店舗で売る時代は終わった。
実店舗商品は人件費、光熱費、家賃云々の分を乗せて考えられてつけられたpriceだ

固定0のネット販売価格より安くするのは自殺行為だ。

で↑の逮捕された奴はじゃあこっちだってネットで売ってやるよてなったんだ。考えは間違ってない。
記事に詳しく書いてるから割愛するがネット販売、転売は法律違反ではない。
今回の場合はメーカーとの契約違反と製造番号隠ぺいによる医薬品医療器具法違反だ。

これを機におそらく、専売品の転売等に対してメーカー側もかなり厳しく取り締まるだろう。

でだ。今回は額が額だからすごいとりだたされたが、
プロの俺らからしたらとっくの昔から、おいおい、これ、サロン専売品だろってのがドン○ホーテやらネットやらに流れていた。

その理由は以下だ。

  1. 廃業した美容室の過剰在庫を安く買い取った商品
  2. サロン専売と謳いながらメーカー側が量販店等に卸した商品
  3. 今回のように美容師が流した商品

 

廃業してしまった美容室からすれば過剰在庫を例え安くでも買いとってくれるならば売らない理由は無い。その弱みに漬け込み倒産品回収屋なる奴らがハイエナの様に群がる。

散々うちの商品は専売品ですからと言いながら自分達の勝手でモデルチェンジし、次から次へ新しい商品を買わせて、旧モデルはお役ごめんで量販店へ垂れ流す。

激務の割りに給料が安いから小遣い稼ぎに、卸値、スタッフ価格で買った商品を転売する。

ここでの被害者は誰か。

メーカーはどっちみち美容室のことなんか考えていない。当たり前だ売れる商品を作り続け、モデルチェンジを繰り返さなければならない。悪くない。仕方ない。

流行りについて行こうとその都度メーカーに新商品を買わされている美容室オーナー、また、正規の値段で買ったお客様だ。
1500円で買った商品が、翌日着送料無料で1200円で売られていたら300円がどうこうより。良い気は誰もしない。

でだ
同じ商品で数百円の安い通販、有名量販店にある商品。↑のあまりよろしくない理由の経緯で回ってきたものだ。あんた。それでもサロン専売品をサロン以外で買うか?
買うだろな。

ダリも逆の立場なら買う。

物販実店舗の時代は終わった。

だからこそ、美容室は今一度、技術、接客、空間を追及していかねばならぬ。

-コラム

Copyright© 毛髪部 , 2020 All Rights Reserved.